第三話「あの人に告白のウォーターキャノン☆」

<前回までのまとめ>
ここは紳士を目指す冒険者が集まる私立 宇宙の騎士学園。
もちろん紳士をめざしつつもRed Stoneを探す手は抜いていない。
そこへ一人の可愛らしいWIZが入学してきた。
名前はエルナト。彼は大変なドジっ子☆である。
学園生活にて、何か正体の知れない憂鬱にとりつかれたエルナトは 仲間の言葉からその気持ちが恋であると思い、相手がどうもメイトヒース先生らしいと感じた。
果たして、エルナトは立派な紳士になれるのであろうか?!
--------------------------------------------
「fmfm、相手はメイトヒース先生かぁ~。難しいな」
ひとしきりWIZエルナトの話を聞いたシーフのアジュレットが素直に感想を述べる。
「だよね~、なんで先生なんだろ」
「さすがMっ子ナト」
普段は無口な戦士S_Forgelが不意に口を開いた。どう考えてもからかっている内容だ。
「Mじゃないやい!」
ムキになるエルナト。
「プッ」
噴出す生徒会長こと、エルナトのおねーちゃんなサマナー伽戀(KAREN)。
「うう~っ」
不満そうなエルナト。
「まぁ、話を戻そうぜ」
「ま、そんなにウジウジしてないで告白しちゃえYO!」
『ぶっ!!!!そんな簡単にできたらウジウジしねーYO!!!』
伽戀(KAREN)の過激発言というか、少々VIPな発言に皆が突っ込む。
生徒と先生というカップリング…公にしてはヤバイ。
というか、追放天使とウィザードという組み合わせは別の方向でもヤバイ。
天使という時点で性別がないという説もあるが、少なくとも追放天使の容姿はどう考えても野郎にしか見えない。
いろいろな意味で生徒会長 伽戀(KAREN)の発言は飛んでいる。
それは、うららかな生徒会室の午後のお茶会であった。

「うう…みんなオカシイよ。絶対 楽しんでるよ」
生徒会お茶会メンバーは答えを出した…即ち『告白しちゃえYO!』に同意。
不承不承ながらYESと言ってしまったエルナト君。
告白しないわけにはいかず、でも少しスネている。
なんといっても大好きな「おねーちゃん」の命令である。
そんなわけで『廊下で待ち伏せ大作戦』が用意された。
よくメイトヒース先生が通る廊下で待ち伏せしようという字のまんまな作戦である。

そこへ案の定メイトヒース先生が走って…というか、低空飛行で通りかかる。
「あっ!メイトヒース先生お話が…」
高まる緊張。
「( ゜∀゜)にょほ!なんだーい」
「す…好きです!!」
ついに言ってしまったエルナト!
「(*´д`)モエッ。 ありがとう」
意外な反応。
「じゃ、またノシ」
あっけなく去っていくメイトヒース先生。
肩透かしを食らうエルナト君でした。
そして、廊下の少し先でイグニード先生がメイトヒース先生と談笑をはじめた。
どうやら本気にはしてもらえていないらしい。
エルナトは心に誓った。
立派な紳士になって絶対振り向かせてやる!と。

再び生徒会室。
「ドンマイ!ナト」と伽戀(KAREN)。
「どんまい、ナト…」
一連の流れを聞いてなぐさめるお茶会メンバー。
「ナト、ソンマイ」とS_Forgel…一人だけ誤爆。
「www ソンマイwww」
「wwwww」
ここぞとばかりに、伽戀(KAREN)もアジュレットも笑う。
「w」ちょっとだけ和むエルナト。
「ソンマイ、こげ(S_Forgelの愛称)」
「こげソンマイ」さっきのお返しとばかりにアジュレットへ続くエルナト。
「ソンマイw」同じく続ける伽戀(KAREN)。
「くっ…」大変悔しそうなS_Forgelであった。
「そんな傷心のナトに吉報」
「???? なーに?」
「じゃじゃーん!生徒会室で飼う事になりました」
『キュィー!(よろしく!)』
「ヘッジャーだ!!カワイイ!」
「ま、育つと・・・・・・だけど」(ぼそりと言うアジュレット。
「言うな><」
そう、幼体は可愛いヘッジャーだが、育つとゴツイ…しかし、捨てるワケもなく…
いずれは伽戀(KAREN)の後ろに控えるゴツイ生き物と同じ形態になるであろう。
「でも、やっぱりカワイイ!」おもいきりヘッジャーを抱き上げるエルナト。
「カワイイなw」それを見ながらヘッジャーをなでるアジュレット。
「ウム」腕組みしながら少し偉そうに頷くS_Forgel。
「でしょーw 下級生のサマナーの子が入院して面倒見れないから預かったのw」
そんな出来事に ほんのちょっぴり心が癒されるエルナトであった。
----------------------------------------------------------
-次回予告-
ヨウ!俺アジュレット。
次は合同授業でキャンサー気孔へ潜るんだぜ。
愛くるしいヘッジャーの姿にエルナトも伽戀(KAREN)も萌え萌えみたいだなw
俺もヘッジャーかわいくて好きだぜ!
伽戀(KAREN)の古巣とは言えダンジョンだし、課題もあるからな。
油断していると・・・・・・・・・・・?
次回、第四話「黄昏のヘイスト。愛の加速は止まらない☆」
乞うご期待!
----------------------------------------------------------
*この物語はRSをベースにしたフィクション小説です。
 ギルド内でこの物語の需要が高かったため作成してみました。
 持ち出し改変は宇宙の騎士関係者のみ可です。

 なお、宇宙の騎士と関わったことのある人物は物語に登場する恐れがあります。
 ご注意くださいw
[PR]
# by ajyuretto | 2007-04-16 15:36 | ナトの萌え物語

第二話「心のミスティフォッグが晴れなくて」

<前回までのまとめ>
ここは紳士を目指す冒険者が集まる私立 宇宙の騎士学園。
もちろん紳士をめざしつつもRed Stoneを探す手は抜いていない。
そこへ一人の可愛らしいWIZが入学してきた。
名前はエルナト。彼は大変なドジっ子☆である。
彼は果たして立派な紳士になれるのであろうか?!
------------------------------------------------------
晴れやかな空、響き渡る鳥の声…
今日もブルネンシュティング東で宇宙の騎士学園の授業が行われている。
しかし、今回はただの授業ではない。
恐怖の「アルパス監獄合宿」である。
監獄というだけで不気味なのに…ここには知識職には大変痛いキクロプスやジャイアントなどの恐ろしい魔物が生息しているのである。

「さぁ、今日からアルパス監獄で合宿だ。3日以内に最下層のB3まで潜ってシャドーソウルZINを倒してくるように」
追放天使メイトヒース先生の話を聞いて 生徒の反応はまちまちである。
ぶーたれるもの、無理だと頭を抱える者もいる。
「安心したまえ、諸君にはビショップがついてない代わりに上級生二人を同伴するぞ!」
ざわつく生徒を安心させるようにメイトヒース先生の横から、おなじく追放天使で副担任のイグニード先生が発言する。
「おお!できそうな気がしてきたー。俺は絶対にあの先輩と組む!!」などと誰かが口にした。
「( ゜∀゜)ニョホ!そんなに甘くないよ。何故ならグループ決めはクジ引きだからね 」
メイトヒース先生の言葉に生徒諸君はガッカリするのであった。
運が悪ければ 貧弱PTになるという事でもあるからだ。

さてエルナト君のPT構成は・・・?
【サマナー/伽戀(KAREN) シーフ/アジュレット】
「ワハーイ!おねーちゃんと一緒だ~☆」
「よろ~。ナト久しぶり~」
後ろから「良いな~。生徒会長と一緒だ」などという誰かの声が聞こえエルナトはお姉ちゃんだと自慢してやりたい気持ちになった・・・が、紳士になるためあえて黙っておくことにした。
「ねね、このアジュレットって人は?」
エルナト君が疑問に思うのも当然である…今この場に居ないのだから。
「ああ、アジュか。すぐ来るよ」
「???」
近くに居たイグニード先生が翼を広げて手を頭上高く突き上げた。
「コーーール!」
「いてっ!何すんだよ~」
なんと空から一人のシーフが降ってきた。
「拉致性行・・・じゃなくて成功OTL」
「拉致じゃなくて誘拐だろ…エロニードめ」
「アジュ~、合宿授業はじまってるよー」
「あ、伽戀たんw 同じグループだなんて、まさに運命だねw」
「はいはい、しゅぱつー」
そんなやりとりを見てエルナトはしばし呆然とするのであった。

順調にアルパス監獄を進んでいくエルナト一行。合宿は今日で二日目…課題をこなすには一日で1階づつ降りねばならないのでB2にいるエルナト一行は順調に進んでいると言える。
流石は監獄で育ったシーフと言ったところかアルパス内部で道に迷うことのないアジュレット。
さらにはアジュレットの乱射するダーティーフィーバーにアクアバンブーが乗るためモンスターは信じられない速度で殲滅されていく。
もちろんエルナトのエンチャントの効果も絶大だ。
だがエルナトの顔は晴れない。
「さっきからナトはどうしたの?」
お姉ちゃんらしく伽戀は心配そうに訊ねた。
「う~ん、なんかね…この前から胸がモヤモヤするの。病気とかじゃないと思うんだけど、こう・・・なんかね」
「恋でもしてるの?」その病状で思い当たるものはソレひとつしかなかった。
「あー、それは恋だね。間違いないよ。相手は誰だい?」
「う~ん、わかんにゃい」
「ちなみに、俺はいつでも伽戀(KAREN)にメロメロさ☆」
「!! ダメっ!! それはダメッ!!!」
「え~(´・д・`) 」
「アジュ君・・・ゼーレクラウンが欲しいなぁ」
「あ~、そうそう 買ってきちゃったw はい、ゼーレクラウン・・・200万したw」
はっきり言って、ぼったくり価格である。迷わず購入したアジュレットは盲目としか言えない。
「ありがとーw アジュ君好き~、次は婚約指輪ね・・・もちろん最高補正で」
「うっ・・・わかった。貯金して買う」
「ちょwww おねえちゃんwwwwww」
「良い?男はこうやって使うのよ・・・ホホホ。アジュPからお財布に格上げね^^」
「やったw コゲに勝ったぞ!」
その言葉で喜ぶシーフのこの男は少し問題がある気がする。
が、害はなさそうである・・・むしろ、姉から被害にあってる気がする。
放置してても問題なさそうではある。
エルナト君は モヤモヤの正体を知ると同時にお姉ちゃんの知られざる一面を見てしまったのでした。

とうとう合宿最終日の3日目にしてシャドーソウルZINの居るB3へと到着した。
サマナーにシーフにWIZ…はっきり言って一抹の不安が残ると言わざるおえないPTである。
「ああ、シャドーソウル痛いけど・・・なんとかなるぜ」
「アジュ君 かぎー」
「OK!伽戀たん まかせとけー!!」
言うが早いか アジュレットは あっと言う間にトラップを解除し、鍵を開けた。
「あ…待って。状態異常抵抗あげとこう」
そう言うとアジュレットは緑色の光をペットや召還獣、ナトや伽戀に振りまいた。
「解毒なんだけど、ちとSLv低いから切れるの早いんでヨロシク」
「は~い」
「アジュ…SLvあげろよ」
「うっ・・・は~い(´・ω・`)」
準備が整いシャドーソウルZINを釣りに行くアジュレット。
シャン!
不思議な音と共に ものすごい魔法ダメージがきた。
あわててエルナトはアースヒルを撒く。
「あわわ、痛い!」
「うん、痛いね:;」
「痛いな・・・やっぱし・・・・って、ペットの状態異常抵抗切れてるー:;」
あわててアジュレットは解毒をばら撒き異常を解除する。
「ああっ!黄ダメがあまり利かない!!」
バンブーやインシナの黄ダメにペットの物理攻撃でモンスターを倒す伽戀にはなかなか嫌な敵である。
更に追い討ちをかけるようにキクロプスが集まってきた。
ガスガス! 集中砲火を受けたのはシーフのアジュレットであった。
「ふっ・・・利かないぜ!防御500↑だからな・・・でもブービー使えないから 剥がしてクレ:;」
「了解・・・・ハッ!」
伽戀は手際よくタゲを取り殲滅、アジュレットはブービートラップでシャドーソウルZINをスタンさせた。
「お・・・オイラも。えいっ!!」
エルナトは我に返り アースヒールをかけようと思った・・・が、うっかり ミスティーフォッグをかけてしまう。
「(あ、失敗w でも、皆気づいてないみたいだ…気をとりなおして・・・)えいっ!」
今度は成功したようである。
アスヒと補助を撒きつつ時々ファイアーボルトを飛ばす。
そうこうしているうちに、苦戦しつつもなんとかシャドーソウルZINを倒すことに成功。
無事に課題をクリアしたのであった。

「おめでと~。強くなったねぃ」
課題をクリアしメイトヒース先生に褒められ天にも昇る気持ちのエルナト君。
「ありがとう!(あれ・・・なんか・・・・モヤモヤ消えた?? もしかして・・・そんな、まさか・・・・)」
どうやら、エルナト君の波乱の日々は続きそうである。
-------------------------
次回予告
はーい。私ナトのお姉ちゃんことサマナーの伽戀(KAREN)
ついに誰が好きだか気がついてしまったナト。
教師と生徒だなんて・・・そんな いけないわ!
でも ちょっとモエね?
そんな もじもじしてないで告っちゃえYO!
「第3話 あの人に告白のウォーターキャノン☆」
------------------
*この物語はRSをベースにしたフィクション小説です。
 ギルド内でこの物語の需要が高かったため作成してみました。
 持ち出し改変は宇宙の騎士関係者のみ可です。

 なお、宇宙の騎士と関わったことのある人物は物語に登場する恐れがあります。
 ご注意くださいw
[PR]
# by ajyuretto | 2007-04-11 21:42 | ナトの萌え物語

第一話「あなたのハートにエンチャントファイヤー☆」

ここは紳士を目指す冒険者が集まる私立 宇宙の騎士学園。
もちろん紳士をめざしつつもRed Stoneを探す手は抜いていない。
そこへ一人の可愛らしいWIZが入学してきた。
名前はエルナト。
他のWIZが凛とした印象を受けるのに対して彼から受ける印象はやや幼い。

ある日の野外研修でのこと。
中央プラトン街道/グレートフォレスト入り口付近にて

「わー、これが噂に聞く蜘蛛かぁ・・・えいっ!」
ボッと火が森スパイダーに飛んでいった。
「キェッー!(怒)」
がぷっ
「痛っ!」
「キキェー!!(なにしやがる)」
・・・・がぷがぷがぷ!
「あ・・わわわわ!!」
慌てた彼は…なんと よりによって人狼に変身してしまった!
そう、彼は大変なドジっ子☆である。
「え~ん!おねえちゃん><」
だが 助けを求めたおねえちゃん…こと生徒会長 伽戀(KAREN)は今回の研修には参加していなかった。
「( ゜∀゜)モエ! 」
と、その様子を先ほどから覗っていた一人の追放天使が技を放った。
「ホーリークロス!」
宙に描かれた大量の光の十字架が的に向かって降り注ぐ。
「キェェー(ぐはっ)」
「危なかったねぃ~」
「メイトヒース先生!ありがとう」
と、おもむろに翼をしまったメイトヒース先生はブレッシング&エビルプロテクトをかけた。
「研修がんばってねぃ」
「はい^^」
その後、なんとか落ち着きを取り戻したエルナトはメイトヒース先生のブレエビも手伝って順調に蜘蛛を討伐する。
最後には課題であった「武器商人チョキーの犬の骨」を見つけることもできた。
こうしてエルナトは今回の無事に研修を終えたのだった。
----------------------------------
次回予告

ついに恐怖の「アルパス監獄」合宿が開始!
だがエルナトの元気がないようだ。
アルパスを根城にしていたというシーフも登場し?
次回「第2話 心のミスティフォッグが晴れなくて」乞うご期待!!
-------------------------------------------------
*この物語はRSをベースにしたフィクション小説です。
 ギルド内でこの物語の需要が高かったため作成してみました。
 持ち出し改変は宇宙の騎士関係者のみ可です。

 なお、宇宙の騎士と関わったことのある人物は物語に登場する恐れがあります。
 ご注意くださいw
[PR]
# by ajyuretto | 2007-04-03 00:04 | ナトの萌え物語

宇宙の騎士 VS ФROMの会Ф

久々の対戦ですね!
毎回けっこう良いバトルができるギルドさんです。
しかし、今日は宇宙の主力BISさん不在でヒヤヒヤ・・・
ヒヤヒヤしながら 私はBISで参戦!

b0073151_2344615.jpg

b0073151_23579.jpg


何故かお相手さんも同じく主力BISさん不在っぽかったです。
とんだ偶然ですね^^;

柔らかい人には途中でフルヒ&ヒールの他にリジェネをまわしました。
案外リジェネって使えますねw
もちろん結構CP喰うのですが(´・ω・`)
BISでのGVも早めに慣れないといけませんね。
PTHはもう少しSLv高くしたいのですが 現状だとアーチマス後でないとね!
スキルマンセーBISの道のりは遠いみたいです。

お疲れさまです!
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-26 23:01 | ギル戦

宇宙の騎士VSぎるどふぉぉ~

初対戦だったはず?
「二部のSらしい」という話も出ていてガクガクブルブル!
ちなみに宇宙は二部のBです。
どきまぎしながら対戦!

b0073151_22542822.jpg

b0073151_22544789.jpg


恐怖に対して思わぬ結果でした。
この日騎士メンはBISさんも足りていて万全だったこともあり
また、新たな連携の取り方も見えてきたため良いカンジでしたね。

対戦ありがとうございました!
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-25 22:29 | ギル戦

宇宙の騎士VS White_tornado

初のお相手にキシメンは皆どきまぎソワソワ。

例のごとくフルヒやフルチャをインベに満載にしてGO!

b0073151_228898.jpg

b0073151_2285057.jpg


どうもお相手さんはBISさん不在だったようです。
昔の宇宙の騎士もそうでしたね…懐かしいな。
BISは偉大にして頼れる存在ですものね!

途中でBIS不在に気づくも 容赦しないのが礼儀と戦ってきました。
全滅勝ちだったかな?
すいません・・・この時は資料用のSSを撮り損なっているので思い出せません。
BIS不在の不利な態勢だと分かっていても向かってくるような
骨のあるギルドさんはいつも好感が持てますね。

対戦ありがとうございました!
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-21 22:03 | ギル戦

宇宙の騎士VS Glamorous★Gangster

二回目の対戦かな?
何回か戦ってる気がします。

BIS不足ぎみだったのでBISのグモルクで参戦しました~
最近 皆さん忙しいみたいですね。
…私も滑り込みでしたがw

b0073151_21463014.jpg

b0073151_0215448.jpg


できれば悪魔で戦いたかったかも・・・
HP効率がまだ一部装備できないのも手伝って一度チンしました。
そして・・・何よりも・・・・・
CP補充のラグUZEEEEE!でした。
賛美の後 チャージしたはずのCPが暫く戻らないとかもうBISにとっては('A`)

アチャさんによる多段攻撃でのガード発動妨害はウマイ手だと思いました。
盾外しましたけどねw
狙いが的確なのですよ…宇宙にもこういう力欲しいな(*´・ω・)

お疲れ様でした!
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-19 21:41 | ギル戦

宇宙の騎士VS女帝キラ帝国

今日は女帝キラ帝国さんと対決。
宇宙の騎士のメンバーが過去所属していたギルドさん、別キャラが所属しているギルドさんということで少々ドキマギしながら対戦。

b0073151_21351298.jpg

b0073151_21354893.jpg


惜しくも負けてしまいました><

最初はガツガツ点数を取られてしまい、もうだめかしら?
と悔しがってるとこで リィシアは悪態をしてみたところバッチリ利いたので
片っ端から死臭で殴って悪態してみました。
そしたら 徐々に巻き返してきて・・・・
でも時間が足りませんでしたね。
もっと早い段階で機転が利いていればよかったと思いました。

剣士さんのパラが痛かったです。
テイマーさんも攻撃がカナリ痛かったですね。
何気なく剣士さんのタッグが良かったと記憶しております。
二人分のパラは痛すぎますwww

対戦ありがとうございました!
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-18 21:31 | ギル戦

宇宙の騎士 VS Nobody knows

何回か対戦したことのあるギルドさん。

今日もリィちゃんの[回避補正無視]な1.20秒の鞭が唸るわよ!
・・・ツイデニ悪態モネ・・・・

b0073151_2131068.jpg

b0073151_21313888.jpg


Lvと比較すると硬い人が多かった印象が残りました。
なんだか、Lv差があったみたいです。
今回あちらはBIS不足っぽかったですね。
点数や仲間のHPの減り方を見るに・・・あちらフルメンバーだったら危なかったかも^^;

何やらLv制限の申し出があったようでドタバタしてたようです。
んでも、廃上げを楽しみ過ぎなメンバーがGV主要メンバーなので・・・
多分、現状だとLv300以下制限つけるとGV出れるメンバーが居なくなります。
少し前・・・去年の夏頃なら300以下のメンバーも多かったのですが時の流れは速いものです。
なので 現在の宇宙の騎士ではLv制限GVのできる可能性は低いですね。
前にカモーン!みたいな事を書いたので「スイマセン、もう出来ません」と書いておきます(´・ω・`)
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-14 21:21 | ギル戦

宇宙の騎士VS無名

昨日はリュシ宅からINしてGVしたリィですが今日は自宅から。
んで、昨日一緒に居たイグニード氏より「無名は強いよ」とのお言葉をいただき・・・
ひたすらガクブル(((´・д・`)))
イグニード氏のがGV経験豊富ですから参考にしてます。

ガタブルしながら戦闘開始!

b0073151_2112841.jpg

b0073151_2114576.jpg


なんか ものすごい接戦だったけどなんとか勝ちました。
やはりGV接戦だと楽しいですね♪

宇宙の騎士・・・少しは強くなったのでしょうかね?
(再三言うが)宇宙の騎士はGVギルドではないので強いギルドさんに勝ったり
良い勝負ができると嬉しいんですよ!
仲良しギルドなので、運子もいればLv200以下のメンバーも居ます。
しかし、GVに手は抜きません。
抵抗やHP装備には かなりお金かけてる方だと思います。
苦労しているだけに、報われると嬉しいんですよ~♪

ちなみに、そんなギルド宇宙の騎士には・・・
一時的な所属のつもりが、4キャラ全部キシメンになった人が居ますw
あ、俺じゃないですよ?(笑)
[PR]
# by ajyuretto | 2007-03-12 20:54 | ギル戦